Finishing – Styling (shampoo and blow-out) -Up Do-Hair Set-Make up

 

~Before using a hair dryer~

 

                                                                                                                                                                   

 

Left:  Schwarzkopf  Professional  BC REPAIR RESCUE SEALED ENDS

right: Moroccan oil

 

We recommend using leave-in treatment or moisturizing products on your hair to protect it from the hair dryer’s heat. (Highly recommend these products.)

 

~Drying~

 

 

 

 

Avanti Hair dryer

 

Hold the hair dryer approximately 8 to 10 inches away from your hair.
If you position the appliance closer to your hair, you run the risk of damaging your hair or burning the skin on your scalp, face and ears.
Slowly move the hair dryer as you dry your hair.
You should avoid leaving one section of hair exposed to heat for too long period.
Blow the air from the roots of your hair to the ends, and pull the hair lightly if you would like to achieve a smooth, sleek look.

 

~How to use a diffuser~

 

 

 

 

 

 

A diffuser is something that looks kind of like this, it’s got fingers on it and what these little finger joints do is they are great for grabbing those curls and causing those curls to wrap around them and give you a lot more smoothness, or I should say a lot more control over that curl.

A diffuser is great for grabbing curls on the little “fingers”. You can wrap your curls around them to give them a lot more smoothness and control. Often dryers do not come with diffusers, so if you are going to buy a diffuser, take your dryer to the store with you and try it on.

Diffusers are really easy to use. Put on the diffuser and just put curls in. The diffuser takes some moisture out of the curls and makes really nice curls!!

It’s better not to use the dryer for too long!!                                                                                 

                                                                       

Come for the Pampering of a True AOI Hair Salon Experience

For a Free Consultation Call Today

604-688-2122  

 

 スタイリング

ドライヤーの使い方。
 
ドライヤーで乾かす時は、首筋後頭部→耳周り→トップ→前髪の順に乾かすと自然な流れが作れます。
過度に熱風に晒さないため(オーバードライ)にも、順序を決めてムラなく乾かすことを心がけましょう。

ドライヤーを持つ手と反対の手をガイトとして、少しテンションをかけながら乾かすことで、自然な艶を出し、尚且つ毛流のコントロールが可能です。

まずドライヤーは、「弱温風」に切り替えます。 ポイントは、『温風で熱して、冷風で冷やす』です。熱することで、変形し、冷ますことで固定させることで、自由に形を変える事が可能です。 そして、弱風にすることで、風圧での乱れと、急激な加温を防ぎます。
〔基本〕
ボリュームDWON:毛流に逆らわず、つむじからの流れのままに抑えながらドライヤーの風を根元から毛先にかけて当てる。
ボリュームU P:乾かした後、ボリュームを出したい部分を指でつまみ上げ、根元の毛をしっかりと起こします。ドライヤーで熱を加え加温した後、持ち上げたまましばらく冷えるまで状態をキープ

わからない点がございましたらお気軽にご相談下さい。
『温弱風』で『熱して、冷やす』をお忘れなく。

カールスタイル

しっかりしたカールをつけたいなら、事前にパーマをかけるのがおすすめ。

パーマのスタイリングで大切なのはカールを崩さないようにドライすること。

髪を持ち上げて優しく握りこむようにスタイリングを。

指で髪をツイストさせて乾かしてもOK!

アイロンで毛先を巻けばしっかりしたカールや束感も出すことができます。

ディフュザーを使うのもお勧めです。

ワックスのつけ方

(1)手のひらに大豆くらいの大きさのワックスをとります。
(2)指の間までしっかりとワックスをつけます。
(3)手の上でワックスの色がなくなるくらいまで両手をこすり合わせます。
(4)根元から毛先に向かってワックスをつけます
(5)ワックスを根元から毛先に向かってつけますと髪が立ち上がります。
(6)その中で長い髪のみ、毛先の向きを自分がスタイリングしたい方向に向けます。
(7)前髪は最後に手の間に残ったワックスで髪をつかむようにつけます。

カーリングアイロンの使い方

1 しっかり乾かします。(濡れた状態でこてを使うのは、絶対に止めて下さい、髪が死んでしまいます)

2 スタイリング剤を少量付けて下さい。(髪の毛の保護、熱の効きが良くなり短時間で綺麗なカールが出来ます)

3 毛先の3分の一の位置から巻き込んで下さい。

4 巻き終えたら、その上からスタイリング剤を付けて、カールキープのスプレーを付けて終了です♪

以上のことを踏まえると、いつもおなじカールができ、なおかつダメージも最小限にできます。

プロ仕様のアイロンテクニック、一度覚えてしまえば、あとは本当に短時間で出来ますので、是非何度か練習して、習得してみてください!